急な下痢に襲われる!胆のう摘出手術後の私

急な下痢に襲われる!胆のう摘出手術後の私

病院で検査を受けて、胆のうに胆石があることが分かりました。すぐに、手術のできる大きな総合病院を紹介してもらい、入院をして「胆のう摘出手術」を受けました。

 

退院後は今までのように何を食べても構わないが、消化に悪いものや脂分の多いものをたくさん食べたりすると下痢が続くかもしれませんと先生から忠告されていましたが、私はあまり気に止めていませんでした。

 

退院してから1ヶ月も経つと傷口の痛みも徐々に回復し、食欲も出てきました。私は生クリームのショートケーキを食べました。するとしばらくすると、どうしようもない腹痛が襲い、トイレへ駆け込みました。私はあの時先生が言っていた言葉を思い出しました。これが噂の下痢かあ…。大好きなケーキを食べて下痢をするなんてショック!と思いました。

 

またある日、家族で焼肉を食べに行きました。私は嫌な予感がしました。お肉は消化に悪いし脂分も多いのでこれを食べ過ぎるとまた下痢になるのかな…。でも目の前に焼かれた美味しそうなカルビやハラミを見て、食べないなんてそんな選択ができるほど私は人間が出来ていません。

 

ちょっとだけなら大丈夫かなと、カルビを2切れ食べました。美味しいー!と思った次の瞬間、なんともお腹のあたりがモヤモヤと気持ち悪くなりました。そしてお店のトイレへ駆け込み、そこからしばらく下痢と格闘しました。

 

余談ですが、飲食店などのトイレの個室は多くても2つぐらいしかないお店が多いので、長い間入っていると次の人が外で並んでいたりして、ゆっくり出来ないのが辛いところです。

脂肪油分